忍者ブログ
アジアン黄黒肌のメイク・コスメ話など
09«  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »11
Admin | Write | Comment
HN:
きりこ/にわ晃子
性別:
非公開
自己紹介:
肌の色:アジアン黄黒肌。地黒。
肌質:普通肌。丈夫だけど 乾燥寄り。
もち米食べると肌荒れします。
メイク、ファッション、ネイル全般にベーシック系地味好み。

twitter ID:vesikillico
tweetは食べ物・趣味系が多いです。

acco/にわ晃子 名義のブログ
【献茶婦の内緒話】がコミックエッセイ
【献茶婦は見た!お葬式の内緒ばなし】として発売中。
(絵・構成:木月けいこ/新書館)
PR
カテゴリー
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9月17日発売の新しい下地。
この時期に出る、ということは秋冬向けです。

サンプルを使ってみました。
膜感たっぷりのつるるん下地と思いきや
どちらかといえば ベースカラーフィクサーに近い印象です。
エミネンスフィクサー、モデリングカラーベースが肌にのせる感覚なのに比べて
肌に馴染む質感です。

色はピンクとベージュの2色。ベージュ=BE900を使用。
いつものように 多く使うと白浮きします。
加減が必要。少量で良いです。
膜感が少ない分 下地そのものがよれることはないです。


シスレー/肌色乳液と比較。シスレーの方がオレンジが強め。
のばしてみました。乳液を謳うシスレーの方が油分多め。
肌の凹凸はブレスレットの型。


色補正力は相変わらず素晴らしく ファンデを重ねた段階で
色むら程度は なかったことにしてくれます。

THREEは 下地は あくまでもファンデのための下準備というスタンスですが
エレガンスの下地は 下地に粉だけでナチュラル綺麗が得られる肌補正力が
単体で備わっているので
肌を軽く過ごしたい日のベースとしての選択肢になるのが良いです。

先述のようにベースカラーフィクサーに近く 好きな感触です。
エレガンスの下地は 乾燥より夏期に暑苦しいのが気になるので
これからの時期のものとしておすすめです。

税込5,250円(30ml)
色のつかない化粧下地。 SPF50 / PA++。

MAC のベースは モードに仕上がり崩れない、 というイメージ。
まさにそのイメージを体現する下地でした。

6mlの チューブサンプル使用。
オロナインみたいな白クリーム。
肌上でのばすと色は残らず しっかり膜をはってくれます。
すごい膜。 ほぼ パテ埋めに肌フラット。 毛穴レス。


そしてファンデのホールド力が高いです。
ごく少量で つるんとした美肌が完成。
シスレーのリキッドと E・ローダーのクリームと合わせてみましたが
いつもと同じ量だと 厚くつく気がしました。

時間経過での崩れはなし。
さすがです。

ロングラスティング系ベースはどうしても肌が疲れてしまうのと
長時間では やはり乾燥が気になるのとで
デイリー使用より ここ一発な場面で使いたいものです。
具体的には 式と名のつく行事や 和装の時。
肌的には数時間で限界のような。

価格 4,515円(税込:30ml)
サンプルがなくなったら 現品を買いに行きます。
頻繁に使用しないものとしては 高額な気がしますが
防腐剤その他満載なので 保存場所さえ気をつければ大丈夫かと。
次の正月は 今回のサンプルで間に合いそうなので 慌てはしませんけどね。
フルイドファンデーションとセットサンプルの使用です。

軽いです。
よく見るとパール感のある乳白色の液体と そのゆるさは
RMK / メイクアップベースを思い出しました。

左:プリスティーンプライマー(グロー)◇右:フルイドファンデーション202
とろとろにたれてしまいました。


使用感もよく似ています。
これ単体では 色補正をしないタイプ。
肌を保護して ファンデのつきを良くすることに徹する下地。
息苦しくない膜感があります。

下地でおおまかなアラを整えて ファンデを薄く使いたいので
物足りないかも、 と思ったのですが
一緒に使った 超薄付きフルイドファンデーションとの相性が素晴らしく良く
ナチュラル綺麗な仕上がりです。

素肌が綺麗な人に見えるナチュラルタイプは
往々にして 持ちに課題ありな場合が多いのですが
下地の働きか ファンデの特性なのか たまたま気候や動き方が良かったのか
くすむこともなく 綺麗が持続しました。

他のファンデに合うかどうか検証したいところですが
これは フルイドとセットで使うのが最適なのでしょうね。
セットでサンプル配布しているということは この組合せについて
THREE は 自信満々なはずです。

黒チューブのパーフェクティングプライマーが思いのほか重く
あまり期待していなかったのが正直なところ。

現品は税込3,990円 (30ml)
価格も含めてとても良いです。
肌色乳液という表示。
公式サイトでは スキンケアカテゴリ=整肌アイテムです。
下地としてNo.2を使用。



表示のとおり 色のついた乳液状。
とろとろに流れるタイプではなく 適度に粘性があるものの
クリームほどでもありません。

するっと肌上でのびます。
この辺 ただの乳液の感覚で 色も出ているとは思えませんが
保湿面での整肌効果が高く、
ファンデをのせた時の ハリ感が顕著。
透明感底上げ機能も素晴らしいので
結果的に ファンデをたくさん使わずとも美肌が実現します。


左:シスレー/ ソワン タン イドラタン ◇ 右:プリスクリプティブ/ トレースレス(略称)
のばして重ねました。 塗る意味があるのかわからないほど色出ませんね、 どちらも。


整肌アイテムだけど色がついているモノなのか
メイクアイテムだけど 乳液のような効果が期待できるのか。
私は 後者と とらえています。

肌の乾燥は気になるけれど、
メイク前に保湿効果が高いものを仕込めば解決するかといえば
決してそうではなく
メイクアイテムとして 仕上がりをサポートしてくれるのは 頼もしい限り。

下地を探して サンプルをさんざん試した中で
ぶっちぎりで良かったです。
現在のベスト下地。


(左から順に)
エレガンス / ベースカラーフィクサー モイスト GD990
エレガンス / クリアアップフィクサー BE900 (生産終了)
エレガンス / エミネンスフィクサー YR400
エレガンス / モデリングカラーベース BR700
エレガンス / モデリングカラーベース OR200
シスレー / ソワン タン フィト イドラタン (肌色乳液)
エスティローダー / ダブルウェア ライト No.4 (ファンデ)
プリスクリプティブ / トレースレス スキンレスポンシブ ティント No.3 (ファンデ・日本撤退済)


香りは シスレーらしく薬草系。
香りそのものは弱いです。

日焼け止め機能はないので、 適宜重ねた方がよいのでしょうが、
いつものように 定番 ジャネス / サンケアローションのみ。
付け心地も良いので わざわざ肌がしんどくなるのはやだなあ、 という結論。

色について。
私の肌は 相当に黄黒いのですが No.2 という色は明るい方から2番目。
No.3・4 の 色展開については
「ヨーロッパの日焼け肌にこだわるリゾートマダム向け」だそうな。

価格は税込11,025円。
下地でこれだけするんだから 良くないと暴れるぞ、 なのか
これだけ出すと いいモノがあるんだなあ、 と思うのか。
私の下地の価値観を軽く超えてしまいました・・・
"ナチュラル"をサンプル使用。

日焼け止め=使い心地が悪い、 と 長らく避けてきたのですが
ちっとも悪くなかったです。

紫外線吸収剤フリーで白浮き全くなし、 肌ががびがびする感覚もなくなめらか。
シャンテカイユ/アンチグリケーション・プライマーも平気でしたので
私が避けている間に 日焼け止めというものが大きく進化したのでしょうね。

化粧下地としての機能は特に可もなく不可もなく。
真夏に使って 不可がないのは すなわち良い、 と判断していいのかなぁ、 と。
それ以上に デイリーに使える心地よい日焼け止めとして感動。

香りは・・・「フレグランスなのにどことなく殺虫剤っぽい」 の
フレグランス側の香りが
クラランスの伝統的な強さで香ります。
後はひかないです。
買う・買わないの基準にするほどではありませんね、 私にとっては。

はっ・・・私の肌では 日焼け止めとしての効果がわからないのだった・・・
今年はすでに真夏色。
加齢はしていますが 特に紫外線でダメージを受けているわけではなく。
日焼け止めというものを使った方がいいという洗脳はされているけれど
実際のところは どうなのでしょう。

税込 5,250円 (30ml)
SPF40・PA+++
"ナチュラル" は 色のつかない処方。
"ニュアンス" は ピンクを帯びており 色補正機能があるようです。

ここでは【下地】カテゴリに入れていますが
商品の趣旨としては
日焼け止め機能が8、 下地機能は2、 くらいの割合。

| HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 地黒の殿堂 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]