忍者ブログ
アジアン黄黒肌のメイク・コスメ話など
07«  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »09
Admin | Write | Comment
HN:
きりこ/にわ晃子
性別:
非公開
自己紹介:
肌の色:アジアン黄黒肌。地黒。
肌質:普通肌。丈夫だけど 乾燥寄り。
もち米食べると肌荒れします。
メイク、ファッション、ネイル全般にベーシック系地味好み。

twitter ID:vesikillico
tweetは食べ物・趣味系が多いです。

acco/にわ晃子 名義のブログ
【献茶婦の内緒話】がコミックエッセイ
【献茶婦は見た!お葬式の内緒ばなし】として発売中。
(絵・構成:木月けいこ/新書館)
PR
カテゴリー
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年のオフィス用ハンドクリームは サボンで選びました。

香りは green valley、緑の渓谷。まさにそんな感じのグリーン系。
ラベンダーアップルも 使っていて楽しそうな香りで迷いましたが
デイリーで使うコロン:シトラス系に合いそうなのはグリーンバレーでした。
税込1,800円(50ml)

パラベン&ミネラルオイルフリー。
そこにこだわっているわけではなく。

全成分は上記のとおり。普通にハンドクリーム。
SABONにはオーガニックラインが別にあるので 成分重視派ならそちらを。

オフィス用ハンドクリームの選択ポイントは
馴染みが良いこと、香りが楽しめること、
価格が2,000円以内であること。

使ってみるとするっとしっとり。
さっぱりというよりは こってりに近いもののオフィス使用には文句なし。

香りは
テラクオーレ、ヴェレダ、ロクシタンと比較すると ナチュラルで弱い。
テラクオーレやロクシタンのハンドクリームは
好きで選んだ香りであっても練り香レベルの強さに辟易したので
使ったときだけ
使った人だけ、な
ふわっとした香り立ちは嬉しいです。

グリーンバレーとラベンダーアップルとしばし迷っているときに
「グリーンバレーは限定なのですよー」とにこやかに店員さんが。
冒頭のとおり コロンとの整合性でのチョイスでしたが
商品を渡すと「やっぱり限定モノですよねー?」と 満面の笑顔。
限定云々どうでもええで、というのが本音ですが
モノを売る活動の中でぶつかってた壁を打ち破ったわ私!くらいの勢いで
嬉しそうにしてらっしゃったので
方向性のずれがあってもウィン・ウィンが成立したと
みなしてよさそうです。

ーーーーー
自宅ケアでのハンドクリーム(&かかと)はこってり3兄弟を使い分け。
保湿:シアバター
修復:ユースキンA
保護:局方ワセリン

オフィス用ハンドケアは 空腹しのぎのおやつ感覚。
ハンドケアは マメにするに限るのです。
前記事の続編です。

ピオニーフェアリー ボディジェルとともに
「私のお気に入り。使ってみてね」と いただきました。

右側のがシャワージェル。

シャワージェル、湯船に入れてバブルバスにするのが常ですが
一気になくなってしまうので
バスタイムのマッサージジェルとして使用しています。

中身は無色透明。

ピオニー ボディジェルと同じく 香りが楽しい。
マーベラスフラワーという花があるのではなく
ロクシタンがオリジナルに調香した香りの名前なのですね。

ピオニーが入っているので 共通点があるものの
比べると 少しベリー風味。
花っぽいのに美味しそうというのが 完全にツボで
ソリッドパフュームがあれば是非欲しいです!
こんな香りのマカロンがあれば嬉しくなるかも。

楽しいバスタイムをありがとう。
こちらもピオニーと同じく限定商品なのですね。残念。
マーベラスフラワー シャワージェルとともに
「私のお気に入り。使ってみてね」と いただきました。

ありがとうございます!

ボディジェルについて。
ピオニーとは 芍薬なのですね。
私にとっては 母の日の花。

ボディジェルなので 使用感は軽くてさっぱり。
テクスチュアは みずみずしくてぷるぷる。

なんというか、スキンケアというよりは
香りが楽しすぎるのですよ。

ローズに似ているようで 違うのですね。
華やかで爽やか。
クリームと違って 香って欲しいレベルの強さでは残らないのですが
アフターバスのお楽しみとしては 贅沢至極。

フレグランスを使うので ボディケアアイテムは無香料狙いが常でしたが
改めて こういう楽しみもいいなあ、と思った次第。

調べてみると ピオニーは 限定商品だったのですね。
残念。

お気に入りが限定なのに プレゼント下さって感謝です。
ハンドケアはマメにやってなんぼ、です(断言)

昨年も同じ時期にハンドクリームを買っていました。
テラクオーレ/イタリアンネロリハンドクリームのリピートも考えましたが
今年はヴェレダ/ざくろハンドクリームにしました。

ええ、9/10からの価格改定が理由。
ハンドクリームは2,000円以内、というのをひとつの基準にしている中
ざくろハンドクリームが 2,625円→1,890円になったのですよ(税込/50ml)。

今回のヴェレダの価格改定、
ボディウォッシュとハンドクリームは最大40%ダウンしています。


赤がざくろ、緑はスキンフード

イタリアンネロリも最初 オフィスで使うには香りが強かったですが
こちらもかなり香りが強いです。
コーラっぽい甘さのある香り。
使い始めたところですが イタリアンネロリの方が完全に好みの香りです。
ヴェレダの香りなら ホワイトバーチ、スキンフードのシトラス系が好きです。

ヴェレダのハンドクリームはざくろの他は ヒッポファン。
これこそシトラス系。
たしかクリームがとても黄色かったような。
以前使った時に 開封後とても早い段階で異臭を感じた記憶があり
今回は選択しなかったのです。

潤いは イタリアンネロリに比べるとややのったりしていて
肌馴染みがゆっくり。
先述のヒッポファンの方が さらりと使えたように思います。
ヒッポファンは手荒れ防止のデイリーケアとして使用するものですが
ざくろは スキンフードに近いこってりを感じます。
仕事中に使う場合は 量に気をつけなくては。



ハンドケアは さらりとマメに使うものと
こってりタイプを分けて使うのが私の中では王道で
荒れてしまった場合や 就寝前のトリートメントとして
ユースキンA あるいはスキンフード。
写真のとおり スキンフードが残り少ないので
スキンフード終了後は後釜として使用してみようかとも思っています。

価格優先で選択しましたが
デイリーケアを目的とすると 少しずれていたかな、という印象。


アルミチューブユーザの必需品/チューブしぼり器

◆関連記事◆
ヴェレダ/チューブしぼり

ジュリーク/タニーチューブシボリ
テラクオーレ/イタリアンネロリハンドクリーム
今回、携帯ブラシが発売されています。
んー、これ、ノベルティでいただいたアレでは?

気になったので カウンターで探りを入れてみました。
その直前、シマーブラッシュも ゴールデングリマーも
指で無造作に使うのが今年のテラコッタの楽しみ方、とMAさんは熱く語って下さっていて…
そのタイミングでブラシのことを尋ねるのは 全く空気読めてない、とうか
完全に空気を乱してしまう行為でした。



大きさ、形状、ケースの金型は同じ。
私がいただいたのは毛質不明&中国製。
テラコッタブラシは ヤギだそうです。
原産国まではさすがに聞けませんでした。
ケースは 私のは濃いブラウンでメタリック。指紋はつきにくいタイプの表面研磨。
テラコッタブラシのケースはつや消しの黒、
蓋のトップにゲランロゴが刻印されています。

メテオリットコンパクトとセットで携帯しています。
毛量が多いカブキブラシ。
ほわんとつけるのにとても良いうえに ケースの携帯性が優れています。
普段から ノベルティは売り物以上のモノはない、と言っていますが
これについては完全に土下座体制で、発売も納得です。

価格は税込4,935円。

ゲランのブラシといえば メテオリット用のタワシなアレしか知らないのですが
毛質はアレとは別物ですのでご安心を。
| HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 地黒の殿堂 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]