忍者ブログ
アジアン黄黒肌のメイク・コスメ話など
11«  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »01
Admin | Write | Comment
HN:
きりこ/にわ晃子
性別:
非公開
自己紹介:
肌の色:アジアン黄黒肌。地黒。
肌質:普通肌。丈夫だけど 乾燥寄り。
もち米食べると肌荒れします。
メイク、ファッション、ネイル全般にベーシック系地味好み。

twitter ID:vesikillico
tweetは食べ物・趣味系が多いです。

acco/にわ晃子 名義のブログ
【献茶婦の内緒話】がコミックエッセイ
【献茶婦は見た!お葬式の内緒ばなし】として発売中。
(絵・構成:木月けいこ/新書館)
PR
カテゴリー
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テラコッタコレクションは毎年楽しみです。
今回 楽しみにしていたのはシマーブラッシュ。
クリーミィからリキッドタイプのチークカラー。プッシュポンプ式。
#02 sunny pink
#03 spicy coral

ピンクは無視予定でしたが現品見て気がかわりました。
青みはあまり感じられず コーラルと並んでいなければ
こちらがコーラルだと思ってしまうような色なのです。


コーラル系は得意なので
カウンターではあえてサニーピンクをつけていただきました。

このピンク、テラコッタ肌 つまりは色黒・日焼け肌用ピンクです。
もちろん日焼け演出をする場合にも 健康的な頬色として
リゾート気分が満喫できそうです。

コーラルはゴールデングリマーの下地に最高な輝きオレンジ。
いわゆる血色カラーとは違う印象。
立体感狙いなら絶対こちらが面白いです。

テクスチュアは普通のリキッドファンデくらい。
プッシュして出た液体はかなりな発色ですが 水分量が多いので
とてもナチュラルに馴染みます。
指でとんとんと軽くのばしていきます。

うるっとした艶感があるものの シマー感は特に感じることはなく。
よく見たらうっすらと、なゲランの絶妙なきらめきがあるのかも。
すぐにシアーブロンジングパウダー+ゴールデングリマーを
重ねていただいたので 検証できていません。

色持ちはさすがゲラン くすむことなくロングラスティング。
リキッド系色モノは乾燥を警戒するのですが それもなく。
素晴らしいです。

大きさはグロス類より少し大きく…長い。
色持ちが良いので せっせと持ち運ぶ必要はないと思うのですが
お泊りでの手荷物としては 粉チークのように割れる心配もなく
ブラシも不要なので楽なアイテムですよね。

シマーブラッシュは限定ではないそうで
テラコッタ取扱店舗ではレギュラー商品になるとのこと。

まずは夏用にコーラルを手に入れて 秋冬にはピンク、と計画中です。

税込価格 4,830円(15ml)
NARS / マルティプル に匹敵する ボビーのユニークアイテム。
他のブランドには存在しない 質感チェンジャー。
一つ持っていると 相当使えます。

夏しか出番ないけど

今 手元にあるのはベージュ。
ベースメイクは透明感・立体感重視な私には
色味の出ないベージュが使いやすいです。
シマーブリックは現在6色展開ですが 色が判別できるほど肌にのせると
相当な鯖になってしまいます。
チークボーンにすっと線をひく感覚。

シュウウエムラ/ 14H がベスト

質感チェンジャーのサンプルとして
BOBBI BROWN / ポットルージュ #カリプソコーラル とあわせたものを。

右半分にシマーブリック

写真ではわかりやすく発色させていますが ポットルージュは頬の上では
もっと透過させます。
ポットルージュの中では
#フレッシュメロン #ペールピンクと合わせるのが気に入っています。
これら二つは透過させて血色演出。
それぞれにコーラル、ピンク。それとわかるほど色が出ないようにのばします。

地黒はスリーブレスなトップスを着た時に 健康的・アクティブイメージ。
その肩先にシマーブリックをさっとのせると
体育会系な装いでも華やかさが加わります。
首筋やデコルテに光り物を加えると 服によっては下品になるのが
肩先はオールマイティ。
ショップでの試着にはNGなものの、それ以外はアウトドアでも夜遊びでも。
おすすめです。

価格は 5,460円(税込/10.3g)
Nude Peach 28
名前の通りヌードなピーチ。(駄文すぎる)
3,780円(税込)


一見 ザ・無難ですが 色より立体感を楽しむタイプ。
私の顔では 両頬と鼻梁にのせる 日焼けチークで使うのが気に入っています。
むしろ この場所にのせて不自然でない色を選んでいる感じで。

ブラッシュはラメ・パールなし。
ボビイの微粒子パールのチークはシマーブラッシュという名称。
私は ピグメントが欲しい時はトッピングする派なので
どうしてもマット系チークが集まります。

現在 手元にボビイのブラッシュはalmondとdesert rose。


日本人向け新色として今回ヌードピーチと同時にヌードピンクが追加発売されています。
ピンクは購入していませんが ピーチとよく似たトーンでした。
アイメイクで遊ぶ場合の主張しすぎないチークとして便利でしょうね。

ーーーーー

カウンターでポットルージュのリニューアルを知りました。
公式サイトにも載っていなくてノーマーク。(今は掲載されています)
RN前の製品と同じ名前の色でも 色味・質感ともに改良されているそうです。
フレッシュメロンとウーバーベージュに興味津々。

容量と価格は突込み所が満載。
3,990 円(税込)/10 g から 3,360 円(税込)/3.7 g。
以前はでかすぎて単品買いを躊躇していたので
ちょうどよくなった、と喜んだ方がいいのでしょうねぇ。
買う気満々でカウンターに行ったのに
買わなかったものと その理由です。

シュウ ウエムラ / クリームチーク (レフィル)

限定1色のみ。
赤みのあるベージュ。 ややくすみ調。 パール・ラメなし。
チークのベースとしてなら、 おそらく肌の色を選ばず
濃淡の加減で 血色をあげてくれる色。

上に グローオン P530 (明るいピーチ)を重ねていただいたのですが
今の日焼け肌には まだイロモノは早かったようで
全顔見た時に そこだけが目立つ印象になってしまいました。
美肌効果の高いパウダーなら いい感じに立体感が出るでしょうね。
ゲラン / メテオリット コンパクト
YSL / ラディアント コンパクトパウダーなどなど。

ボビイ ブラウン/ ポットルージュ フレッシュメロン(限定色) と
パウダーピンクの中間くらいの色なので
あわてて買うこともないか、 と 今回はスルー決定。

ーーーーー

グローオン (パウダーチーク)は
旧製品のピーチM43、 M44 を迷ってどちらも買わないうちにリニューアル。

新しくなったグローオンは 今回は買いませんでしたが
肌の真夏色が落ち着いてから ゆっくり見たいです。
夏場には はずせないチークです。

本来、 色白さんが使う場合には"チークのぼかし" という便利な機能がありますが、
地黒さんなら 素敵単品使いができるのです。

元の色は ベージュ系ピンク・・・ピンク系ベージュ?
私にとっては 広い意味での白ピンク。
私は黄が強いタイプですが、 青系の人でも無問題ではないかと。


実物よりラブリーなピンク・・・

このテは ベースを薄く作り、 チークボーンにさっとのせるだけで
素晴らしい立体感を醸し出すのです。
メイクする距離の鏡の位置ではわかりにくいのですが
人とすれ違うくらいの距離で よく二度見される感じの独特感があります。
チーク下部にシェイドを入れると 更に良し。

対面では 特に何をしてる風ではない程度でいいのです。
少し血色よさげな色を下に仕込む方が 健康的に見えますが、
その辺はクチビルや目元とのバランスで。
私は最近、 リップは下クチビルにしか色をのせないので
頬には少し 色を足した方が全体がまとまります。

例年のように すっかり色モノが発色しない時期なので
これはこれで 夏しか楽しめない立体を楽しむことにいたします。

MARS、 ひところのような勢いを感じられなくなったのですが
私がそう感じるだけでしょうか。
| HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 地黒の殿堂 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]